東京テアトル株式会社|新卒採用サイトRecruiting Site

  • 01

    映画営業部 橋本 櫻 2007年入社

    映画営業部 橋本 櫻
    2007年入社

  • 映画営業部 橋本 櫻 2007年入社

映画作品という奇跡を
世の中に贈り出していく。

  • 東京テアトルに入社した理由は?

    元々映画が好きでしたが、就職ではホテルなどのサービス業に携わりたいと思っていました。その中で、よく足を運んでいた映画館を運営している東京テアトルが、ホテル経営(当時)も行っていることを知り、「この会社なら映画とホテル、両方できる!」と思い、当社を志望しました。さらに東京テアトルは、飲食や不動産など多彩な事業を展開しており、その全てが「誰かを楽しませたり、喜ばせたりすることに繋がる仕事」であるという点に私は強く共感し、入社に至りました。

    仕事のやりがいは?

    映画というのは、1本完成させるだけで結構な奇跡だと常々思っています。たくさんの人々が情熱を注ぎ、とてつもない手間とお金と時間をかけて、一つの作品をつくり上げます。その苦労の結晶とも言える作品を、世に送りだす手伝いができることは、大きなやりがいです。多くの関係者と接し、調整していく仕事で簡単にはいきませんが、たとえば取引先の方と接する時に映画以外の話題で関係性が深まり、仕事が進めやすくなることもあります。そのため、様々なことに興味関心を持ち、引き出しの多い方は活躍できると思いますよ。

  • 現在の仕事内容は?

    映画営業部に所属し、配給営業を行っています。簡単に言うと、映画の卸売り。年間で13~16本程度の映画の集客規模や公開スケジュールなどを検討した上で、興行会社(映画館を運営している会社)に上映を提案します。また、当社の宣伝チームや広告代理店と協力して、地方での宣伝プランを組み立て、舞台挨拶や取材がある時は、監督や出演者をお連れして一緒に現地に行くこともあります。作品の公開に向けて、映画をつくる人、宣伝する人、上映する人、その全員とコミュニケーションをとりながら進める仕事です。

    職場の雰囲気は?

    東京テアトルの事業領域は幅広いため、事業や部署によってかなり雰囲気は違うと思います。私もいくつかのセクションを経験してきましたが、映画営業部は比較的賑やかで活気のある雰囲気の部署だと思います。取引先からかかってきた電話に元気に応対していたり、社員同士が作品の上映プランについて相談しあっていたり、観た映画や行った映画館について意見を述べあっていたりするシーンもよく目にします。営業セクションということもありますし、個人というよりはチームで進める仕事なので、コミュニケーションが活発です。

CAREER STEPキャリアステップ

  • ホテル西洋 銀座(4年在籍)
  • 人事労政部(8年在籍)
  • 映画営業部(現在籍)

ホテルでの接客経験で、サービス業の基本である心身の姿勢や話し方、相手の要望を先回りして汲み取る力、重なった仕事の進め方を身につけることができました。ただ、それまでは自分の仕事だけで精一杯でしたが、会社全体を俯瞰で見渡せる人事労政部に異動し、視野が一気に広がりました。部署や立場が違うとものごとの捉え方や判断が変わることを知り、他部署の方々に協力してもらう仕事もスムーズに進められるようになりました。多彩な経験が、今の私の糧になっています。

ONE DAY SCHEDULEある1日の
スケジュール

  • 10:00 出社

    10:00 出社

    メールを確認し問い合わせ内容に対応

  • 11:00 製作委員会

    11:00 製作委員会

    公開予定作品の製作委員会にリモートで出席

  • 13:00 昼食

    13:00 昼食

    みんなでデリバリーして映画話で盛り上がる

  • 15:00 興行会社訪問

    15:00 興行会社訪問

    ブッキングの依頼をしに興行会社へ

  • 17:30 イベント準備

    17:30 イベント準備

    開催予定の舞台挨拶の準備

  • 18:30 終業

    18:30 終業

    この日は新宿にショッピングへ

OFF TIME休日の過ごし方

OFF TIME 休日の過ごし方

プライベートでも映画を観に行くことが多いのですが、まとまった休みをとり、旅行することもあります。料理が美味しいソウルや、映画祭時期のバンクーバーも楽しかったですが、一番印象に残っているのが、野生のイルカと泳げる御蔵島。運良くイルカが遊んでくれました。作品公開日の前後は、土曜日に舞台挨拶などが入ることもあり、その場合は休日を別日に振り替えられます。

苦労して実現した広告企画の先に
この上ない感動が待っている。

  • 02

    ソリューション事業部 萩之内 開 2017年入社ソリューション事業部 萩之内 開 2017年入社

    ソリューション事業部
    萩之内 開
    2017年入社

  • 02

    ソリューション事業部 萩之内 開 2017年入社ソリューション事業部 萩之内 開 2017年入社
  • 東京テアトルに入社した理由は?

    最初は興味があった映像関係の仕事を手がけてみたいと思い、私は東京テアトルを志望していました。しかし、会社説明会や選考を通じて、飲食や不動産、広告など、映像以外の事業に幅広く携われることに魅力を感じ始めました。様々なチャレンジが自分を成長させてくれるのではないかと考えたのです。最終的には、個性豊かな社員が多いところや、学生の立場に立ち、一人ひとりと真摯に向き合ってくれる人事担当者の姿勢に心を打たれ、「この人たちとなら仕事が楽しめそう!」と思い、東京テアトルへの入社を決意しました。

    ソリューション事業部で働く魅力は?

    しっかりと結果が出せる見通しがあれば、自分の好きなジャンルにも挑戦できるチャンスがある、自由度の高さが魅力です。日々様々なジャンルの広告企画を行っていますが、たとえば、私は映画が好きなので、映画に関連する企画を積極的に立案しています。アニメが好きな後輩はアニメを活用した企画をよく提案しています。それらの企画を実現するためには、コツコツと新規クライアントを開拓したり、一つのイベントや広告展開に数ヵ月間もかけて準備したりと、仕事に愚直に向き合っていく時間も多々あります。ただその分、広告物やイベントとしてカタチになったときは感動します。

  • 現在の仕事内容は?

    私が所属するソリューション事業部は、クライアント企業の広告活動の企画・提案から実施まで行うセクション。新聞、テレビ、WEB、交通広告など、様々な媒体への広告出稿やイベント運営を行います。つまり広告代理店業務を行うのですが、東京テアトルは映画館で流れるCM、通称「シネアド」という広告枠を提案・販売できるという映画会社ならではの強みがあります。私は主に映画の配給会社や放送系の会社での広告出稿や舞台挨拶などのイベント企画を担当しています。細やかで丁寧な対応、レスポンスの速さを心がけて仕事に取り組んでいます。

    職場の雰囲気は?

    ソリューション事業部はいくつかのチームに分かれているのですが、垣根がなく毎日連携をとっています。いざという時に相談すると、みんな親身になって対応してくれます。たとえ忙しくても時間をつくって必ず対応してくれるので安心して働けます。また、同期入社の仲間たちが、映像・不動産・管理部門など様々な部署に所属しているので、会社全体が今どういう動きをしているのか把握しやすく、横の繋がりを強く感じられます。将来的にどういうビジネスパーソンになりたいか、話し合える同期がいるのは心強いものです。

CAREER STEPキャリアステップ

  • ヒューマントラストシネマ渋谷
    (1年在籍)
  • ソリューション事業部(現在籍)

入社当初は「ヒューマントラストシネマ渋谷」という劇場で営業スタッフとして働いていました。映画館で身につけたお客様の様々なご要望への対応力、突然のトラブル発生時の冷静な判断力は、現在所属しているソリューション事業部でクライアントと折衝をする時にとても役立っています。また、舞台挨拶などのイベントを企画する際も、実際に劇場で働いていた経験を活かし、劇場側の視点に立ち考えられるのでスムーズに進行することができていると思います。

ONE DAY SCHEDULEある1日の
スケジュール

  • 10:30 出社

    10:30 出社

    メールチェック後、上司に案件相談

  • 12:00 舞台挨拶企画

    12:00 舞台挨拶企画

    映画の舞台挨拶イベントの進行台本を作成

  • 13:00 昼食

    13:00 昼食

    クライアントと食事をしながら打ち合わせ

  • 14:00 打ち合わせ

    14:00 打ち合わせ

    翌週のイベントに向けて放送局との最終調整

  • 17:00 デスクワーク

    17:00 デスクワーク

    帰社後、一日の整理と明日への準備

  • 19:00 終業

    19:00 終業

    終業後、同期と食事へ

OFF TIME休日の過ごし方

OFF TIME 休日の過ごし方

休みの日は同期と食事をしたり、近所の商店街に飲みに行ったりして過ごしています。飲み屋街で、知らない人と仲良くなり面白い話を聞き出すのが大好きです。また、休暇制度を活用して連休を取得した時は、日本国内の様々な場所に旅行し、各地の名産や歴史などの情報収集をすることもあります。日常で経験する様々な出来事が仕事につながることも多いので、日々勉強です。

  • 03

    買取再販営業部 浜崎 春菜 2019年入社買取再販営業部 浜崎 春菜 2019年入社

    買取再販営業部
    浜崎 春菜
    2019年入社

  • 買取再販営業部 浜崎 春菜 2019年入社買取再販営業部 浜崎 春菜 2019年入社

住まいの仕様や間取りを企画し
お客様に喜びを提供する。

  • 東京テアトルに入社した理由は?

    当社に入社した多くの社員がそうであるように、私が東京テアトルに興味を持ったきっかけは、大好きだった映画に関わる仕事がしてみたいと思ったからです。そして、最終的に当社を選んだ理由は、選考を通して出会った社員の方々に憧れたから。気さくで温かい人柄、聡明な話しぶりが印象的で、唯一、一緒に働きたいと思える人たちがいた会社でした。また、事業を多角化しており、積極的にジョブローテーションを行っている東京テアトルなら「早い年次で様々な事業や職種を経験できる!」と思ったことも入社の決め手になりました。

    仕事のやりがいは?

    買取再販の仕事は、いかに良い物件を仕入れられるかが重要になりますが、不動産仲介会社様との信頼関係がなければ良い物件情報を入手することはできません。そのため、何度か訪問を繰り返して信頼関係を築き、いち早く良い物件情報をいただけた時は自分を認められたと感じることができ、とてもやりがいを感じます。リフォーム企画についてはいつも試行錯誤をしていますが、自分が考えた間取りや壁紙、フローリングなどを見たお客様から「いいわね~」と喜んでもらえた時は嬉しく、モチベーションがアップします。

  • 現在の仕事内容は?

    入社2年目に、不動産の買取再販営業部に異動となりました。当社の買取再販とは、中古マンションを一部屋単位で仕入れて、リフォームによって新たな価値を加え、再販売すること。私は日々、仕入先である不動産仲介会社様への訪問を繰り返して物件情報を入手しています。そして、仕入れた物件の地域特性やニーズに合った仕様や間取りを企画して、施工を担当するグループ会社と連携しながらリフォームを行います。営業部ではありますが、一つの部署にいながら「営業」「企画」「サービス」といった仕事を経験できる魅力があります。

    職場の雰囲気は?

    一言でいうと「とても良い」です。自分自身には厳しい人が多いですが、周囲には優しい人ばかりです。私はわからないことがあれば積極的にアドバイスや意見をもらうようにしていますが、上司や先輩たちはどんな内容にも丁寧に答えてくれます。また、チームや年次の垣根を超えて盛んに意見交換が行われており、風通しも抜群です。また、若手にも仕事を任せてくれる風土があり、買取再販営業部への異動後、早々にリフォーム企画などを任せてもらいましたが、上司や先輩がサポートもしてくれるので安心して仕事に取り組めます。

CAREER STEPキャリアステップ

  • 新所沢レッツシネパーク(1年在籍)
  • 買取再販営業部(現在籍)

以前の配属先である「新所沢レッツシネパーク」は、全席プレミアムシートでロビーの装飾なども特徴的であったため、固定ファンの多い劇場でした。この劇場の営業スタッフとして、幅広い世代のお客様と接することで、様々な立場の方が求めていることに気付く力が身につきました。また、予期せぬトラブルなどもありましたが、その経験を通して、様々な局面で柔軟な対応や調整ができるようになったと思います。

ONE DAY SCHEDULEある1日の
スケジュール

  • 9:30 出社

    9:30 出社

    出社後、部内ミーティングで営業状況を共有

  • 11:00 不動産仲介会社訪問

    11:00 不動産仲介会社訪問

    担当エリアの不動産仲介会社に訪問し情報収集

  • 12:00 昼食

    12:00 昼食

    この日は不動産仲介会社の担当者と食事

  • 15:30 物件の査定

    15:30 物件の査定

    帰社後、紹介された物件を査定し買付を実施

  • 17:00 打ち合わせ

    17:00 打ち合わせ

    リフォーム案をグループ会社の施工担当者に説明

  • 18:00 終業

    18:00 終業

    翌朝の報告内容をまとめて帰宅しリラックス

OFF TIME休日の過ごし方

OFF TIME 休日の過ごし方

家で過ごすことが多いですが、映画館で気になる映画を観たり、古着屋さんを巡ったりもします。また、学生時代にスポーツをしていたこともあり、体を動かすことも好きなので、社内で開催されるフットサルなどにも参加しています。昨今の状況ではなかなか難しいですが、好きなアーティストのライブやイベントにも以前は定期的に行っていました。